みなさんこんにちは!

今日は岐阜市でiLy国際幼児園の園長先生をされている、Tumainiの継続支援者の川尻ゆうきさんよりメッセージをいただきました。

いつも忙しい中、本を送って下さったり、ミーティングにご参加くださったりありがとうございます。ゆうきさんの自己紹介とメッセージをご紹介させて下さい。

プロフィール

こんにちは!岐阜市でiLy国際幼児園の園長をしています。

川尻裕紀です。

iLy国際幼児園では

 

・ナチュラルな環境作り

・アドラー教育で自己肯定感が高く進んでチャレンジする子を育てる

・英語で過ごす環境で卒園する頃はバイリンガルに

・英語だけでなく日本人の心・助け合いの心を育てる

 

という理念を掲げ、園児さんたちだけでなく、保護者・先生も一緒になって子育てについて学んでいます。

子育て塾も月に1度、土曜日に開いていく予定ですので、是非ご活用ください。Tumainiの2,000円以上の継続支援者様は500円引きとさせて頂いております。

 

Tumaini Nyumbaniに出会ったきっかけ

尚美さんとは、倫理法人会で出会い、幼児園開園前から、わくわく祭りというイベントを通して、国際協力に関わってきました。

国際協力イベント

今は子どもができたり、園長になったりでわくわく祭りはなかなか開催できていません。ですが、当時は様々な出店者様、来場者様にご協力頂き、いろんなご縁が広がりました。

イベントを何回も開催する中で、みなさんにもアフリカを身近に感じていただいて、支援が気軽なものになるといいなと思いました。

Tumaini Nyumbaniを支援している理由

国際協力団体はいろいろあり、あちこちでみかける大きな団体もあるのはよく知っていました。

ですが、大きな団体だとどのような支援がなされているのか、建物や人件費、広告費に大きくお金が使われているのではないか、などとちょっとピンと来ないところがありました。

尚美さんの話を聞いて、ケニアの貧しいスラム地域にダイレクトに長いこと支援していること、また素朴に頑張っている印象を受け、応援したいと感じました。

特に今はコロナ禍で世界的に流行があります。日本人はいろんな補償がありますが、ケニアや他の途上国には一切補償がありません。

お仕事が減ったりして、苦しい方もいらっしゃるでしょうが、先ずは月々500円からでも協力してみませんか?是非よろしくお願い申し上げます。

*****

ゆうきさん、長年にわたるご支援、本当にありがとうございます。この団体が継続できてきたのはゆうきさんの優しい気持ちからくるところが本当に大きかったです。

心から感謝申し上げます。読んでくださった方も一緒に支援の輪に加わって下さると嬉しく思います。

読んで頂きありがとうございました。

☆Tumaini Nyumbani 継続支援はこちらから

FBページを見て、私たちが頑張っているか確認されてから、継続支援するかどうかを決めて頂けると嬉しく思います。

継続支援はこちら

☆一時的な支援はこちらから

寄付はこちら

給付金10万円のうち1万円でも大きな助けになります。

☆本の寄付による支援はこちらから

古本の寄付はこちら

☆楽天Amazonを使ってよく買い物される方はこちらのリンクからご利用いただくとご支援につながります。

Amazonや楽天のリンクはこちら

(☆の一番上から順番に必要とされている支援です。是非ご協力よろしくお願いいたします。)