こんばんは。本日のブログ担当のNです。

暑い日が続きますがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

Tumainiでは毎月、ケニアからの月別レポートをいただいています。

ケニアでのミーティングで話し合われたことや、日々の様子などを報告してもらっています。

本日は、先月5月分のレポートのことについてお話ししたいと思います。

※情報は、レポートを書いてもらった時点のものです。

*******

◯新型コロナウイルス感染症流行による影響について

ケニアのTumainiメンバーの方たちの中で、何人かの方の住んでいる場所はロックダウンになっています。そのため、ミーティングに来れなかった方も。

ロックダウンになっていない場所でも、いつもの仕事ができなかったり、食料品の価格が上がっていたり…

その中でも、Tumainiの支援があることで助かっているという感謝の言葉をお母さんたちからいただきました。

また、小さな子どもたちは周りの子たちと集まって遊ぶので、感染してしまわないか心配もあるそうです。

学校も休校になっています。

◯ミーティングでの話題

ロックダウンのさなかにいるあるお母さんとは電話ミーティングができました。

その他、ナイロビでは豪雨があり、そのために水道管が壊れてしまったというようなトラブルもあったそうです。

また、現在の新型コロナウイルス感染症の流行による影響もあり、食料品を買うことが大変になっているようです。

◯子どもたちの近況について

子どもたちもそれぞれの状況を抱えながら頑張っています。

ジョゴナはお祖母さんが亡くなったことで、とてもつらい思いをしているようです。

ラティファは現在も通院していて、野菜や果物をよく摂るようにしています。

エリザやケンは体調も良くなってきました。

エリザはママワンガレのためにお料理もしてくれているそうです。

学校が休校中のマーザは家事もよく手伝ってくれて、とても助かっているとウィニーが教えてくれました。

*******

ケニアでも新型コロナウイルス感染症の流行による影響はとても大きく、Tumainiのお母さんたちにとっても大変な状況が続いています。

そのような中でも、お互いできることを助け合ったり、子どもたちもたくさん頑張ってくれています。

今後もお母さんたち、子どもたちの状況や声をご紹介していきたいと思います。

ではでは、本日のケニアからのレポート紹介でした。

Tumaini Nyumbani 継続支援はこちらから
楽天Amazonを使ってよく買い物される方はこちらから買って頂けると支援に繋がります。